フランス・ドイツ旅行〜第3日目(その2)仏編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682

<前回の続き>



ルーブル美術館は超混雑!



みんな待ちに待ったスト解除だけに



チケット購入も大変です。






そもそも
ルーブル美術館は王宮だったんですよ。





有名な逆ピラミッド





サモトラケのニケ像





モナリザの微笑み♪

ついに実物に出会いました。

晴れ

感動っす!





ドラクロワの
「民衆を導く自由の女神」





これもよく見る絵です。


絵のタイトルは


「グランド・オダリスク」


だそうです。





そして、

ミロのヴィーナス像!!

きらきらきらきら


とにかく凄すぎです。



本や写真でしか観たことがない美術品が



ここルーブル美術館に展示されています。






海外旅行に行くと必ず出会う中国人団体に、なぜかフランスではあまり見かけないなあと思っていたら、ここルーブル美術館にはウジャウジャ(失礼しました)といました。



★☆★☆★☆★



ところで



ルーブル美術館で



写真やビデオ撮影をしてもいいの?



って帰国後に友人から聞かれました。



ここルーブル美術館では名画や石像の写真やビデオを自由に撮ってもOKです。イタリアでもそうでしたけど、ヨーロッパの美術館は概ね撮影には寛容です。中には名画の前で模写スケッチしている美術勉強中の学生さんもいますから・・・・本当に日本とは違うよねぇ。



★☆★☆★☆★



少し時間があったのでお散歩♪





オペラ座





うちの奥ちゃまにオペラ座前で写真を撮ってもらったら、後ろに何やら凄いオッチャンが・・・・!うちの奥ちゃまったら、あえて狙った構図らしいです。ホントかよ?\(◎o◎)/!





パリ市内にあるデパート「ラファイエット」



ラファイエットに入ったら超高級ブランド品売り場がひしめきあっていました。デパート内は中国人だらけで、勿論、爆買い!!



★☆★☆★☆★



楽しみな夕食のじかんです。







牛肉の赤ワイン煮





肉はとても柔らかくて美味しいのですが、量が多くてお腹がパンパンになりました。



★☆★☆★☆★



ホテルに向かう途中で



夜のノートルダム大聖堂が見えました。






ここは間近で見たかったなぁ・・・でも写真がかろうじて1枚撮れたから良しとします。


さて、


明日はフランス滞在最終日です。


人気のTVG(仏版新幹線)に乗って


ドイツとの国境沿いに位置する


ストラスブールに行きます。





続く

 
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:ドイツ
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM