カンボジア(アンコールワット)旅行記4日目(その1)〜ふんだり蹴ったり!

カンボジア旅行記 comments(0) - wao1682
■第4日目 12月2日(火)■

朝が来ました。
とりあえず朝食会場へ行くも食べる気がしません。少量のお粥とスープだけにしました。が、食後はまたまたWC直行!もう食中毒に間違い無さそうです。



昨晩は今日の観光はキャンセルしてホテルで寝ていようと内心決めていたのですが、朝になるとやっぱり観光がしたくなってきました。ガイドさんに相談したら1時間毎位にWC休憩をとってくれるという事だったので、頑張って行く事にしました。
またツアー仲間から正露丸を分けて頂き少し元気が出てきました。

★☆★☆★☆★☆★

午前中はベン・メリア遺跡の観光です。
ベン・メリアは近年人気の観光地で、密林に眠る廃墟の寺院巡りといった感じです。
そして宮?駿監督の「天空の城ラピュタ」のモデル地でもあります。









ここはビックリする位に中国人観光客が多いです。中国人同士で喧嘩してる輩はいるし、立入禁止区域に入り込んで撮影している輩もいるし・・・傍若無人全開です。
また、中国人の若い女性がゴミを平気で世界遺産に捨てていく様を目の当たりにして愕然としました。

★☆★☆★☆★☆★

ベン・メリアから市内中心部へ戻る途中で立ち寄った地元市場です。





★☆★☆★☆★☆★

さて昼食です。
本日はクメール料理の数々ですが、
私は一口も食べずに残しました。



美味しかったらしく、
うちの奥様はバクバク完食です。

★☆★☆★☆★☆★

例によって一旦ホテルに戻ります。本日夜には帰国の路となる為、ホテルをチェックアウトします。午後も観光を続けるので荷物はそのままホテルで預かってもらう事にしました。

★☆★☆★☆★☆★

そして午後の観光開始前に備えホテルのWCに駆け込みました。しかし、ここで冗談のようなハプニングに遭遇!!
WCで用を足した後に個室から出ようとしたら扉のノブがポロッと外れてしまい鍵がかかったままトイレ個室から出られなくなってしまいました。押せど叩けど扉はビクともしません。トイレ個室内で私は右手にノブを持ったまま呆然とするばかしです。「Excuse me!Help me!」と大声を出せど誰も居ないし誰も来ない。最悪WCに行った私がいつまでも帰って来ないのに女房が気がつくだろうとは思いましたが焦りは極限状態です。再度、扉を押す・叩く・揺らすを繰り返したところ、「カチャ」と鍵が外れ脱出に成功しました。
ホテルロビーに行くと、あまりにWCから帰ってこないので、私が倒れたんじゃないかと女房が不安そうな顔をして待ってました。もう少し待って現れなければガイドさんと一緒にトイレへ捜索に行くつもりだったそうです。


食中毒にはなるし
トイレには閉じ込められるし
ふんだり蹴ったりだよ!

★☆★☆★☆★☆★

この後は、
オプションで申し込んでおいた
市内観光です。
ここでもガイドさんに1時間に1回のWCタイムをとって頂くようお願いして観光開始です。

移動はトゥクトゥクを使用。乗り心地はあまり良くないです(笑)



せっかくカンボジアに来たならポル・ポト政権時代の悲惨な歴史もきちんと肌身で感じたいと思い、キリング・フィールドへ行きました。日本人観光客はまったくいませんでした。





次に訪れたのは、恋愛成就ワットオンチョームという地元若者に人気の金ピカのお寺です。ガイドさんいわく「金持ちのお寺」だそうです。



ここはアーティザン・ダンコールという刺繍や彫刻等の伝統工芸の職人養成兼製品製作工場です。



巨大な仏顔を製作していました。完成したら空港に飾られる予定だそうです。



この後に、昨日訪問したオールド・マーケットにある高級ブティックへ寄りますが、もうこの時点で私の身体が悲鳴を上げ始めて来ました。もう身体がだるくてだるくて歩く気力が無くなってきました。ほぼ24時間食事はしていないしWCへは1時間毎に飛び込んでますし・・・・

もうそろそろ限界です。
話をするのも辛いし
歩くのも辛い!
冗談抜きでやばくなって来ました。

高級ブティックはそそくさと終わりにしてホテルに戻る事にしました。ガイドさんが地元スーパーへ連れて行ってあげるよと言ってくれましたが丁寧に断りました。
とにかく横たわりたいです。


続く
 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM