リファービッシュHDD!やっぱり駄目商品?

パソコン関連 comments(0) - wao1682(hirochanman001)
自宅の古いPCが最近調子悪いので思い切ってクリーンインストールし直す事にしました。せっかくなのでHDDも交換する事に決めました。

某大手PCショップで「新品・リファービッシュHDD」なる物を見つけ、中古を買うよりは良いかなっという考えと、最近新品も品数不足なんで高いなぁという考えから、思い切ってリファービッシュなる物を購入してみました。再生HDDに一抹の不安はありましたが、あくまで新品の部類で販売しているのだから大丈夫だろうと思い購入しましたが、これが実に残念な結果となりました(>_<)



HDDを交換してOSやアプリ・データをすべて入れ直し、最初に動かしたソフトが「CrystalDiskInfo」です。そう、購入した「新品・リファービッシュHDD」の確認したくて・・・・

結果は上記の通りです。購入時点からあの黄色い「注意」マークが点灯!正直気分は新品を買ったつもりなんで(だって、新品って書いてあるんだから)完璧に落ち込みましたよ(笑)
最初から「代替処理済みセクタ数」の生の値が「6」もある商品は果たして新品・リファービッシュと言えるのかが疑問です。

まあ、他のデータにはそんなに文句は無いので?諦めますが、「注意」マークは実に気分が悪いです。という事で、私は最初から「代替処理済みセクタ数は6である」再生商品を購入したんだと思う事にして、判定基準を「7」に変更して強制的に正常マークにして現在は運用しております。

新品・リファービッシュを購入する際は当たり外れがあるものだと覚悟を決めて購入する必要があると分かっただけでも勉強になりましたが・・・・・・(^^ゞ


JUGEMテーマ:コンピュータ

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM