コンセント発火〜予防&対策を実施しました!

AV・音楽・映画関連 comments(0) - wao1682
JUGEMテーマ:日記・一般
 

我が家のTV裏側は、電源やケーブルでごったがえしております。コンセント・タップは極度のたこ足ではありませんが、どうしても埃がたまるのでトラッキング火災が非常に心配です(泣)



簡単な対策方法は市販のコンセントBOXを購入して、発火の元になりえるコンセント・タップ自体をケース内に収納する事です。つまりコンセントに直接埃が堆積しないようにする方法です。

しかし、市販のコンセントBOXは単なる収納箱にもかかわらず意外と値段が高いんですよねぇ(>o<)じゃあ、自作しちゃえって事で、今回は家に余っていた市販のビデオBOXにケーブルを通過する為の切り欠きを2カ所作り完成\(^O^)/!!



さっそく、掃除しながら自作コンセントBOXにコンセント・タップや各機器の余分なACケーブル部分を収納してみました。スピーカーケーブルや光ケーブル等は収納しないので、一見あまり整理出来た感じはしませんが、コンセント・タップ自体は収納箱の中なので埃が堆積しなくなりました。



ついでに、BOX内に収納できないコンセントについては、タイトラキャップを取り付けて対策を施しました。ステレオAMP裏側のACコンセントにも、いくつかのオーディオ機器電源が繋がっているので、主にこのコンセントをタイトラキャップで保護しました。

気になるのは発火時の自作のBOXの耐火性能ですが、市販品自体も結局、木製かプラスチック製なので非耐火品であり同じです。むしろ埃を堆積させてトラッキング発火を起こさせない事が大切なんだと思います。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM