プリントサーバ「CG-FPSU2BD」導入記・PART2(備忘録)

パソコン関連 comments(0) - wao1682(hirochanman001)

先日、コレガのプリントサーバ「CG-FPSU2BD」を導入したのですが、非常に使い勝手が良いので、もう少々遊んでみる事にしました。USBハブを介すれば複数台のプリンタを稼働出来るような事がコレガのHPに書かれていたので、さっそく試してみました。



結果は本当に問題なく2台のプリンタが使えるようになりました。USBハブは手元にあった玩具のようなちゃち(?)な代物だったのですが、きちんと稼働しております(笑)。ただ、自動接続−印刷−切断の為のお気に入り登録をすべてやり直さないと駄目でした。(接続先をUSB-1,2・・・とサーバ側で割り付けし直す為みたいです。)



プリンタは1台がキャノン複合機MP-470、もう1台はキャノンレーザープリンタLBP3000です。コレガのHPではLBP3000は動作不可になっておりますが多少の問題を残して稼働しております。

LBP3000を接続した際の多少の問題点とは、自動接続−印刷−切断にて印刷をしている際に、紙切れ等を起こした際には自動切断されてしまいます。その時、通信エラー表示が出てしまいます。(コレガが動作保証しているMP470ではそのような事は起きません。)でも、このまま再度手動で接続すれば、紙切れを起こした時の続きからきちんと印刷はしてくれますが、どうもLBP3000を使用する際は最初から手動接続−切断とした方が精神的に宜しいかもしれません。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM