フランス・ドイツ旅行〜第8日目(帰国)

仏・独旅行記 comments(2) - wao1682

 

前回の続き>

 

 

短い時間なれど

 

フランクフルトを

 

堪能しました♪

 

そして、夕方に空港へ向かいました。

 

いつも海外旅行の最終日は何か夢のなかにいるような錯覚に襲われますが、あの妙な感覚って何なんだろ?日本に帰れるんだーという喜びじゃなくて、帰りたくないよー的な感覚です(笑)

 

 

 

 

フランクフルト空港

 

 

 

 

勿論、JALのサクララウンジに帰りも寄りました♪どうやらヨーロッパでサクララウンジがある空港はフランクフルトくらいのようです。

 

 

 

ビールと軽食を楽しみながら出発まで休憩しました。

 

 

 

19:20発のJL0408便にて一路日本へGO!!

 

 

 

飛行機に乗ったと思ったら夕食です。

 

相変わらず私達夫婦は

 

互いに違うメニューをチョイスして

 

シェアです。

 

 

日本に到着の数時間前に朝食?昼食?

 

結構ボリュームあります。

 

もう家に帰るだけだし!食べ過ぎてお腹壊しても旅先じゃないし!と判断してお腹はすいていないのに完食!

 

 

 

★☆★☆★☆★

 

 

日付をまたいで、

 

10月14日(水)13:40頃に

 

成田国際空港へ無事到着。

 

 

★☆★☆★☆★

 

 

今回だらだらと

 

旅行から帰って約9ケ月もかけてブログを書きました。

 

読んでくださってた方、本当にありがとうございました。

 

ぺこ <(_ _)> ぺこ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:ドイツ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

フランス・ドイツ旅行〜第7日目(その2)独編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682

<前回の続き>

 

 

 

今回の旅行での

 

 

 

最後の訪問地

 

 

 

フランクフルト♪

 

 

 

 

 

 

 

時間の都合上、レーマー周辺とマイン川沿いだけの観光となりました。フランクフルトはドイツ経済の中心地だけににぎやかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落なカフェ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大聖堂

 

 

 

 

 

 

 

パイプオルガンが荘厳です!

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

有名なマイン川にかかる

 

 

 

アイゼルナー橋へ向かいました。

 

 

 

 

 

何が有名かというと

 

 

 

コレ!

 

 

 

 

 

 

 

鍵!南京錠!

 

 

 

愛を誓った外れない鍵!

 

 

 

すごい数なのですが、

 

 

 

橋が壊れないか心配ですね(笑)

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

旅の本当の最後の最後に

 

 

 

何やらの銅像と一緒に一枚パチリ!

 

 

 

★☆★☆★☆★

フランス・ドイツ旅行〜第7日目(その1)独編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682

2015年10月12日(月)
第7日目

 
旅もいよいよ終わりです。


今日はツアー最終日。


しかし、最終日は何気に盛り沢山


ヾ(〃^∇^)ノ♪


これからハイデルベルグを観光してフランクフルトを観光してから日本へ帰ります。



★☆★☆★☆★



ローデンブルグでの朝食!


いままでのどのホテルの朝食よりも


品数も多くて、味も美味しかったです。





もっと時間があれば、


ゆっくりたっぷり食べられたのに、、、


ツアーはこのあたりが悲しいね。


と思う食いしん坊の私達でした(笑)



★☆★☆★☆★



ハイデルベルクに到着。


ここはドイツ最古の大学がある学生の街です。


我々を乗せた観光バスは


狭い蛇行道を走りながら


?い丘の上にあるお城へ到着しました。


ここが有名な


ハイデルベルク城です!







1618年の30年戦争で


破壊された傷跡が残っています。


圧巻!










ネッカー川とカール・テオドール橋





マルクト広場を中心にして、


旧市街地を散策開始♪






ここは学生牢だそうです。


悪さをした学生がここに収監されたそうですが、なんでも、学生のステータスとなってしまい、みんなが競って収監されようとしたとか(笑)






ドイツに行ったら絶対食べたかった


シュネーバル♪


味を簡単に説明すると


サータアンダギーを巨大にして


周りをクリームで固めたって感じです。


個人的には


超超大好きな味♪


昼飯はこれで終わらせました。


だって巨大だし、お腹に結構たまるし・・・










さて、


車で移動中に水蒸気もくもく発電所を発見。


そうです。


原子力発電所です。


えっ?なぜドイツに原発が?


と思った人は


日本のテレビ報道にだまさてる人ですよ(笑)


ドイツは確かに原発をかなり停止して廃炉に向けて動いていますが、自前エネルギー確保の観点から数基の原発が稼働しています。(日本なんか本当に昨年まで稼働する原発はゼロでした。)またそれだけではなく、実はドイツは資金提供してフランスに原発を建設しています。フランスが建設した原発だからあくまでフランスの原発という事になります。そして、そこから原発電力をドイツは輸入しています。


世界の表と裏を観て知る事が出来るのも海外旅行の楽しみの一つですね。



★☆★☆★☆★



ハイデルベルクを短時間ながら楽しんだ後は、最後の観光地のフランクフルトへ向かいます。




続く


 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合
JUGEMテーマ:ドイツ
JUGEMテーマ:フランス

フランス・ドイツ旅行〜第6日目(その2)独編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682



前回の続き>


今回の旅行で

一番楽しく

面白く過ごせた場所!

ローデンブルク

に到着しました。






マルクト広場

左に市庁舎、正面が市議会員宴会館。





ここローデンブルクで明日朝まで自由行動です。




まずは聖ヤコブ教会へ行きました。他のツアーメンバーはみんな買い物に走り回ってますが、私たちはまずは観光優先です。
ここ聖ヤコブ教会に入場するのは有料ですが、ぜひ行かれる事をお勧めします。とても凄い祭壇や彫刻が観られます。







主祭壇「12使徒祭壇」は圧巻です!

PCで閲覧されてる方は

写真をクリックして拡大で見て下さい。

本当に圧巻ですよ。








2Fにはリーメンシュナイダー作の「最後の晩餐」の彫刻があります。必見ですよ!







ローデンブルクという街は、このような市壁に囲まれた旧市街となっております。そして警護の為に要所要所に塔が建てられております。






よく旅行のパンフレットに掲載される箇所だそうです。マルクス塔とレーダーアーチという美しい情景が楽しめました。







ブルク公園にて。



★☆★☆★☆★



本日の夕食はツアーに含まれておりません。

でも添乗員さんにお勧めのレストランを紹介してもらいました。






写真では分かりにくいのですが

一人前が超デカイし量が多い!

サラダなんか日本での4人前位が

こちらの1人前ですから。

しかし

いやぁ、ツアーに含まれる食事と違い

美味しいし、安いです。



★☆★☆★☆★



夜も少し散策してみました。

可愛らしいお店が沢山あります。

閉店後もしばらくはショーウィンドウの照明を落とさない風習らしく、おかげで、夜なのにいくつか素敵なまるで美術館みたいなウィンドウショッピングを楽むことが出来ました♪










この人形が欲しかったのですが、めちゃ値段が高くて(7〜8cm程度の大きさなのに4,000円位)断念しました。








ローデンブルクのスーパーで購入したビール。

なんと1本0.75ユーロ!

日本円で約100円。

このスーパーでめちゃたくさん食料品を購入しました。やっぱ海外での買い物は地元スーパーに限りますね。





<続く>

 
JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

フランス・ドイツ旅行〜第6日目(その1)独編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682
2015年10月11日(日)
第6日目



前回、ミュンヘンで宿泊するホテルで


トラブル有りと書きましたが


何があったかというと・・・


実は





なんと


なんとですよ!


( #` ¬´#) ノ


宿泊予約がされていなかったのです!


今回のツアー客全24名の予約漏れ!



JTBさん!最悪!


1時間かけて添乗員さんが交渉して


なんとか全員宿泊出来るようになったけど


部屋が急ごしらえな感じはありました。


ウェルカムドリンクも


ポットやティー類の準備も無し。


しかし、


添乗員さんの努力には感謝です。
本当に超ベテランの添乗員さんで良かったです。やっぱツアーは添乗員さん次第で全てが決まると心から思った出来事でした。


ところで





ドイツで絶対買いたかった人形。


ノイシュバンシュタイン城の近くの


お土産屋さんで購入しました。


このとぼけた顔が愛らしい♪



★☆★☆★☆★



さて、今日は


ミュンヘンを出発して


ロマンチック街道を北上。


目指すはローテンブルク。






なんかアメリカのアポロ・ロケットのデザインモデルになったお城とか説明してたけど、本当かな?お城の名前も忘れました(笑)



★☆★☆★☆★



ローテンブルクの前に


人口1万人の小さな町ですが


とても街並みが美しいと有名な


ディンケルスビュール


に立ち寄り


昼食とぷち観光をしました。



 




ヴェルニッツ川沿いの景色








木組みのドイチェス・ハウス。


バルコニーや窓に花を飾るのが


一つのステータスだそうです。


昼食は、ここドイチェス・ハウスの


1Fレストランで食べました。








これ、むちゃくちゃ美味い!


ドイツ風の餃子って感じです。






デザートも豪華♪





とても小さい町なので


観る所は少ないのですが


聖ゲオルク大聖堂に入りました。







ゴシック様式の教会で


パイプオルガンやステンドグラスが


素敵でした。


ここディンケルスビュールはなかなかお勧めの観光地です。なんといってもあのやかましい中国人がほとんどいません。だって買い物出来るお店があまりありませんから・・・(笑)






こんなところに日本車発見!


なんか妙にアングルが


気に入った写真の一枚です。



★☆★☆★☆★



車事情を少々・・・


ドイツをバスで観光移動しながらも、車窓から一般車をしっかり見て楽しみました。ドイツはやはりVWがダントツに多いです。そして意外だったのが、日本では撤退したオペルが非常に多く走っているという事でした。BMWとベンツ、アウディは同じくらいかなぁ。あと、日本車は非常に少なく、おそらくドイツ政府のなんらかの政策の影響ではないかと想像しております。

ついでにフランスの車事情はどうだったかというと、プジョーやルノー、シトロエンはほぼ同台数率で走っていました。日本ではシトロエンはあまり見かけないのですが、本国ではとてもメジャーな車のようです。外国車ではやはりVWやアウディが多く、日本車もちらほらと見かけました。また韓国の起亜自動車も結構見かけました。



★☆★☆★☆★


 
さて、ディンケルスビュールでの昼食とぷち観光も終わり、ローデンブルクへ向かいます。今回のドイツ旅行で一番楽しく過ごせた場所です。





続く
 

 
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:ドイツ

フランス・ドイツ旅行〜第5日目独編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682
2015年10月10日(土)
第5日目



ツアーの折り返し地点です。


ブログを書くスピードが遅くて昨年の10月の旅行記をいまだに綴っております。


(^_^;)(^_^;)(^_^;)


仏・ストラスブールからバスで約30分も走るとドイツとの国境です。EU圏内なので特に入国審査もなしに普通に道路を走っていると自然にドイツに入国しちゃうという現実!
なんか奇妙な体験をしました。

 




かの有名なアウトバーン!


制限速度無しで無料の高速道路。



★☆★☆★☆★



ドイツは歴史的に難民・移民を受入れてきましたが、その人道的行為のツケで増税だらけなんだって。なんとアウトバーンも有料化にするという話があるそうです。


つまるところ、


人道的行為には金がかかる


という事ですね。


(^_^;)


実に難しい問題だと思います。


私達が今日ドイツに入る約1ケ月前にもシリア難民という超大移民集団がドイツのミュンヘンを目指してやってきてました。



★☆★☆★☆★



アウトバーンのSAにて休憩♪






SAでビックリのトイレと遭遇!!
この驚きは動画でどうぞ。






ぐにゃぐにゃと気持ち悪い(笑)



★☆★☆★☆★



ドイツといえば


ノイシュバンシュタイン城


ついにやって来ました。


が、


その前に昼食です♪








ドイツといえば


ソーセージ。


めちゃ美味い。






★☆★☆★☆★



ノイシュバンシュタイン城というとマリエン橋から望むのが最高に素敵なのですが、現在工事中につきマリエン橋には行けませんでした。
残念!!






ノイシュバンシュタイン城






ホーエンシュヴァンガウ城


ノイシュバンシュタイン城に行くためのバスや馬車を待つ広場からはホーエンシュヴァンガウ城も観る事が出来ます。






可愛いお店が並んでいます。


大型の免税店もあるのですが、中国人ツアー客が大挙して爆買いしたそうでお土産がのきなみ売り切れという現実でした。(ちょうど1周間前まで国慶節だったそうです。)
恐るべし、チャイナパワー!!






ノイシュバンシュタイン城に入場観光しました。驚いた事はフランスではあり得なかったのですが、城の中の案内看板や説明看板にドイツ語・フランス語・英語以外になんと日本語もあった事です。。。。。でもまあ、あと数年もしたら日本語は外されて中国語に変更されちゃうかもね??



★☆★☆★☆★



さて観光も終わりミュンヘンに向かいます。テレビ・ニュースで観ていたあの難民・移民の混乱はまったくみられません。どこに行ったんだろう?素朴な疑問です。



★☆★☆★☆★



夕食は有名なホフブロイハウスで


ショーを観ながら楽しみました。











夕食はなんか物足りないかなぁ。


パッケージツアーって料金の?い店や、物価の?い地域での食事って露骨に粗末になる傾向があるからなぁ。







たぶんホフブロイハウスって


世界で一番有名なビアホールだと思います。


名前を知らなくてもトレードマークの「HB」は誰もが見覚えがあるのでは?


このあとミュンヘンのホテルへ向かうのですが、実はこのホテルでちょっとした(?)トラブルに遭遇しました。このあたりは次回のブログで書きますね。







続く



JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:ドイツ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

フランス・ドイツ旅行〜第4日目仏編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682

2015年10月10日(土)
フランス滞在最終日
第4日目




今日はドイツとの国境沿いにある


ストラスブールへ行きます。


フランス滞在最終日です。



★☆★☆★☆★



ストラスブールへは


かの有名な新幹線TGVで行きます♪


わくわく((o(^-^)o))わくわく

 




パリのGare de I'Est 東駅に到着






これから乗るTGV♪カッチョイイ!






TGVの乗車チケット、2等席です。






ほとんど遠足気分の二人(笑)






駅の売店でパニーニという


フランスパンのサンドウィッチを購入して


約2時間30分の車窓を楽しみました。


乗り心地はほぼ日本の新幹線と同じかな。



★☆★☆★☆★



ストラスブールの


Gare Centrale 中央駅に到着して


早々に人気の旧市街の観光開始。





イル川に囲まれた旧市街は


フランスとドイツの融合文化の街です。


とっても素敵なところです。







白壁に黒い木組みの家や切妻屋根が


アルザス地方の特徴です。






ストラスブールの象徴である


ゴシック建築のノートル・ダム大聖堂。


巨大すぎて写真に収まりません!


ぜひ動画を見て下さい。






入場観光もしました。






聖堂内にある大時計

ステンドグラスもとても綺麗です。



★☆★☆★☆★



このあと


一旦ホテルにチェックインして少し休憩。


そして夕方頃再び旧市街へ


夕食兼ねてくり出しました。





賑やかな旧市街を離れると


まるで絵に書いたかのような


閑静なフランスの景色が現れます。


フランスという所は本当に奥が深い!








ところで、観光地等で人が集まるところには必ずフランス軍隊が市中警護をしております。よく見ると機関銃(マシンガン)を持ってます。
ぎょぇ〜!ぎょぇ〜!



実はどこの国に行ってもテロや凶悪犯対策で多かれ少なかれ同様の光景を見かけます。このような光景を見かける事が無い日本という国は間違いなく先進国の中で一番平和な国だと思います。






カリカリベーコンサラダ。


久しぶりの生野菜を食べました。


身体が野菜を欲していたのか美味すぎます。






めちゃくちゃ美味しい♪


鶏肉はわかるんだけど一緒に添えてあるフワフワした食感の食材がなんだか分かりません。



★☆★☆★☆★



ストラスブールって本当に素敵でした。


パリ市内や有名なモンサンミッシェルよりも個人的には好きになりました。ぜひフランス旅行を計画される際にはストラスブールを組み込まれることをお勧め致します。


明日はドイツに入ります。





続く
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
JUGEMテーマ:フランス

フランス・ドイツ旅行〜第3日目(その2)仏編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682

<前回の続き>



ルーブル美術館は超混雑!



みんな待ちに待ったスト解除だけに



チケット購入も大変です。






そもそも
ルーブル美術館は王宮だったんですよ。





有名な逆ピラミッド





サモトラケのニケ像





モナリザの微笑み♪

ついに実物に出会いました。

晴れ

感動っす!





ドラクロワの
「民衆を導く自由の女神」





これもよく見る絵です。


絵のタイトルは


「グランド・オダリスク」


だそうです。





そして、

ミロのヴィーナス像!!

きらきらきらきら


とにかく凄すぎです。



本や写真でしか観たことがない美術品が



ここルーブル美術館に展示されています。






海外旅行に行くと必ず出会う中国人団体に、なぜかフランスではあまり見かけないなあと思っていたら、ここルーブル美術館にはウジャウジャ(失礼しました)といました。



★☆★☆★☆★



ところで



ルーブル美術館で



写真やビデオ撮影をしてもいいの?



って帰国後に友人から聞かれました。



ここルーブル美術館では名画や石像の写真やビデオを自由に撮ってもOKです。イタリアでもそうでしたけど、ヨーロッパの美術館は概ね撮影には寛容です。中には名画の前で模写スケッチしている美術勉強中の学生さんもいますから・・・・本当に日本とは違うよねぇ。



★☆★☆★☆★



少し時間があったのでお散歩♪





オペラ座





うちの奥ちゃまにオペラ座前で写真を撮ってもらったら、後ろに何やら凄いオッチャンが・・・・!うちの奥ちゃまったら、あえて狙った構図らしいです。ホントかよ?\(◎o◎)/!





パリ市内にあるデパート「ラファイエット」



ラファイエットに入ったら超高級ブランド品売り場がひしめきあっていました。デパート内は中国人だらけで、勿論、爆買い!!



★☆★☆★☆★



楽しみな夕食のじかんです。







牛肉の赤ワイン煮





肉はとても柔らかくて美味しいのですが、量が多くてお腹がパンパンになりました。



★☆★☆★☆★



ホテルに向かう途中で



夜のノートルダム大聖堂が見えました。






ここは間近で見たかったなぁ・・・でも写真がかろうじて1枚撮れたから良しとします。


さて、


明日はフランス滞在最終日です。


人気のTVG(仏版新幹線)に乗って


ドイツとの国境沿いに位置する


ストラスブールに行きます。





続く

 
JUGEMテーマ:海外旅行 総合
JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:ドイツ

フランス・ドイツ旅行〜第3日目(その1)仏編

仏・独旅行記 comments(1) - wao1682

2015年10月9日(金)
第3日目




今日はパリ市内観光。



しかし、ストライキが気になります!



バスで移動中も添乗員さんは各所と連絡取りまくってます。スト解除を期待して予定通りにパリに向かいます。



ところで



パリに向かう途中奇跡的な光景に出会いました。朝もやに浮かぶ神秘的姿のモン・サン・ミッシェル



もう感涙ものでした。



この感動は動画で観て下さい!







話は変わりますが、



私たち夫婦はあまり観光地では買い物をしません。しかし、唯一精力的に買い物をする場所があります。





私たちの買い物意欲を刺激する場所は、だいたい「地元のスーパーやコンビニ」「ドライブイン」です。なにしろ地元の方が利用するお店だけに良心的価格だし品物も良いもんね。まあ、日本で言えばセブンイレブンやローソンでお土産を買うって感じかも(笑)



★☆★☆★☆★



パリに近づいてきたところで



ストライキの最終状況の説明があり、



<結論>
ヴェルサイユ宮殿のストライキは解除されないので、本日のヴェルサイユ宮殿観光は断念!しかしルーブル美術館は午後からストライキが解除される事になったので、急遽ヴェルサイユ宮殿観光をルーブル美術館観光に切り替えるとの事。



落胆のあとに喜び!



拍手



う〜ん、神様は平等を民に与えしです。



★☆★☆★☆★


 
閉館中のヴェルサイユ宮殿!



門の外から観光しました。


ベルサイユ宮殿3


っていうか、



昼食場所が近くにあったので。



でもまあ、



ヴェルサイユ宮殿も門の外からでも観られたので良しと考えます。








もしかしてのスト解除を期待して、みんな集まっていました。




しかし、外人は絵になるよねぇ。



★☆★☆★☆★



本日の昼食は、



フランスといえばの・・・・・



エスカルゴ!!


エスカルゴ



個人的には相当美味でした♪


昼食



なんか一人ひとりのお皿に文字がソースで描かれているのですが、まったく意味がわかりません。



~(=^‥^A アセアセ・・・



誰か教えてちょ。


昼食



デザートはエクレア、めちゃ甘い。



★☆★☆★☆★



午後はパリ市内観光をしました。



初めて来たのにすべて知っている場所!



それがパリですね♪






ついに
エッフェル塔に到着!
妙に感激!





そして





凱旋門
この写真はバスの中から撮ったのですが、バスのフロントガラスにヒビが入ってました。(上のピンク矢印のところ)このようなバスを使う事自体日本では考えられませんね。こんなところも仏流かもしれません。






ここが有名なシャンゼリゼ通り♪





コンコルド広場



★☆★☆★☆★



いよいよルーブル美術館へ向かいます。



モナリザの微笑みを生で絶対に観るぞ!





次回に続く

 


JUGEMテーマ:フランス
JUGEMテーマ:ドイツ
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

フランス・ドイツ旅行〜第2日目(その2)仏編

仏・独旅行記 comments(0) - wao1682
<前回の続き>


ついに


モンサンミッシェルに到着!


なんか感動です。


だってテレビや雑誌で観ていた建物が


今目の前にあるのですから!!


モンサンミッシェル1


びっくり


ところでモン・サン・ミッシェル到着の少し前に添乗員さんから悲しいお知らせがありました。なんと、フランスの各公共施設で労働者によるストライキが本日より始まったとの事です。

明日行く予定のヴェルサイユ宮殿は完全にストライキ決行中!

日本じゃストライキなんて既に死語レベルなんですがフランスでは日常茶飯事だそうです。

とりあえず、
モン・サン・ミッシェルはストをやっていないので、今日は今日を楽しむ事にします(笑)


びっくり


モンサンミッシェル12


私たちはモン・サン・ミッシェル地区という観光客専用の区画内にあるホテルに泊まりますので、いつでも無料バスに乗って約10分でモン・サン・ミッシェルを観に行くことが出来ます。


モンサンミッシェル2


モン・サン・ミッシェルは修道院ですが要塞の島といった感じです。満潮時の島全体が海に囲まれる神秘的な情景も観てみたいけど、今回はタイミングが合わず残念です。


モンサンミッシェル3


修道院の中も観光しました。


モンサンミッシェル4

モンサンミッシェル5


この修道院は14世紀の百年戦争の時は要塞となり、18世紀のフランス革命の時は監獄となり、20世紀になって修道院として復活するという、まさに歴史に翻弄された場所です。歴史の名残が随所にありました。





石畳の参道にはたくさんのお土産のお店が並んでいます。めちゃくちゃ楽しいよ♪観光地にありがちな、ぶっかけ金額でもないので安心してお買い物が出来ますが、結局私たちは特に何も買いませんでした。


モン・サン・ミッシェルの素敵さは
動画でご覧下さい♪







★☆★☆★☆★



さてさて夕食♪


夕食会場に出遅れた私たちは、同じツアーメンバーにいた3組の新婚さんテーブルにおじゃまする事になり、何かとても気恥ずかしい(笑)


モンサンミッシェル7


なぜか種類が違うスープ


モンサンミッシェル8


お店の方がスープをお皿に入れる為に各テーブルを回ってくるのですが、私の前でスープが無くなり一旦厨房へ帰りました。で、再度戻って来ると先程までとは異なるスープをお皿に入れて行きました。。。。これまた適当というかフランスらしいですね(笑)
海外旅行をしていると、ほとんどの国がアバウトです。どうも、日本が神経質過ぎるんじゃないかと最近は思うようになってきました。


モンサンミッシェル9



少し食べ過ぎなんで今晩は控えめにしました。


モンサンミッシェル10


夕食後、夜のライトアップされたモン・サン・ミッシェルを観たくて少し散歩しました。





モンサンミッシェル11

フランス1


とっても夜景が綺麗です。

しかし、寒い!





この時期のモン・サン・ミッシェル地区の気候ですが、結構寒いです。昼間はパーカー程度で観光出来ても夜間は間違いなくダウンジャケットが必要です。10月に旅行される方はご注意下さい。





<続く>

PS.
明日のヴェルサイユ宮殿観光はどうなるやら未だ不明です。ヴェルサイユ宮殿のストライキが継続中の場合はルーブル美術館の観光に変更する予定ですが、本日時点ではヴェルサイユ宮殿もルーブル美術館も共にストライキで観光不可能だったそうです。なんなんだ?フランスって国は!

JUGEMテーマ:海外旅行 総合
JUGEMテーマ:ドイツ
JUGEMテーマ:フランス
無料ブログ作成サービス JUGEM